王様の夢枕や王様の抱き枕を子供に使わせよう!Z会の通信教育の紹介も

目安時間:約 21分
王様の夢枕

学校や幼稚園で勉強や部活や遊びに頑張っている子供さんにはくつろげる枕で休んで頂きたいです

 

頑張ったら休息も必要です、枕は疲れが取れて、健康に良く、熟睡できるものが良いです

普段使う枕には、王様の夢枕」「王様の抱き枕というムニュふわ~の新感触の枕がおすすめ!

今ならマルチ枕のおまけ付き、夢枕、抱き枕のカバーもついてくるよ
自宅で丸洗いが出来るのでダニの死骸やフンが洗い流せていつも清潔に使える枕です

 

 

喘息、鼻炎の5~8割はダニの死骸やフンが原因なんです
こども喘息では、なんと9割以上の発症原因はダニの死骸やフンと言われています

さらにアトピーもダニやホコリが原因で悪化するんです

子供がアレルギー症状に見舞われないように、洗える枕で健康に気を配って頂きたいです

 

王様の夢枕とは?

王様の夢枕

 

 

王様の夢枕」とは、日本製の触った感じムニュふわ~の新感触の枕です

 

王様の枕は、極小ビーズとポリエステル綿を使用しています
なので、柔らかい・自在に変形する柔軟性・頭を包み込み支える弾力性を持ち合わせています

 

触れた感じはムニュふわ~で気持ちよく、首のカーブに枕が自由自在に合わしてくれます

 

自分の首のカーブにあっていない枕は肩が凝ったり、無理な寝姿勢になったりで健康面で良くありません

どんな枕でも子供なので良く寝ると思いますが、身体に負担がかからない枕がベストです

 

色は睡眠を妨げない様に柔らかな、アイボリー、ブルー、ピンクの3色から選べます
王様の夢枕には、すでに1枚、枕と同じ色の枕カバーが付いています
商品が届きましたら、枕本体に枕カバーを取り付けてお使いください

 

洗濯はカバーだけ取り外し自宅の洗濯機でネットに入れて洗ってください

 

 

枕本体は手洗いでお願いします、洗濯機と乾燥機は、枕の痛みを避けるため使わないで自然乾燥してください
洗うことでダニの死骸やフンが無くなりアレルギー対策が出来ます(今はアレルギーがなくても用心はしておきましょう)

 

 

王様の夢枕の効果

 

王様の夢枕に期待できる効果(商品の特徴)は2つ

 

・ムニュふわ~な感触で圧を分散するので、首に負担がかからず、健康的に快眠できること

・丸洗い出来るのでアレルギー予防が出来、清潔な枕で寝られること

 

 

子供の健康とムニュふわ~な感触で癒し効果をもたらす枕です

 

 

 

王様の抱き枕とは?

 

王様の抱き枕

 

ムニュふわ~な抱き枕に抱きつくと大人の私でも妙に癒されます

 

体圧分散効果があるので部活で筋肉痛になった、運動して足がだるいなどなど
腰に当てたり、ふくらはぎの下にひいて足を上げたり、横向きに寝た時に体を支えたり、疲れを取り除いてくれます

 

王様独自のタツノオトシゴ型のフォルムで、今まで感じたことのないフィット感と抱きつき感を味わえます

 

クッション性が抜群で、抱きついた姿勢に合わせて抱き枕が柔軟に3D変形!

色は12色から選べ、サイズはL・標準・S・ジュニアと4種類あります

 

可愛い色も癒し系の色も好きな色が揃っています

ムニュふわ~とする気持ちいい感触なので気持ちよく休めます

 

 

王様の抱き枕の効果

 

抱き枕の主な効果は、

 

・横向き寝が楽

・足の疲れをとる の2つ

 

1・抱き枕を使った横向き寝の姿勢

 

横向きの姿勢で眠る時、片方の肩や腰に体重がかかるため、血行が悪くなってしまいます

抱き枕に抱きつき、抱き枕の上に片腕と片足を乗せると体重が分散され、一点に集中していた重さが軽減されます

お腹が大きくなった妊婦さんは横向きで寝られるので、お腹を支えるために良く使われています

 

2・抱き枕を使った仰向き寝の姿勢

 

上を向いて寝る場合、足の膝枕として抱き枕を使います

膝を折り曲げ、その下に抱き枕を敷き仰向けになります(折り曲げた膝の下に枕がくる)

 

この姿勢をすると腰が楽になるのを感じます
子供さんなので腰痛はないと思いますが、腰にかかる負担を減らします

 

3・足枕として抱き枕を使う

 

寝るとき、足首の下に抱き枕の細い部分を敷いて寝ます

 

血管を圧迫しない柔らかな素材の王様の抱き枕はぴったりです
睡眠中の寝返りで無意識に足を枕から外すため、ずっと足を上げすぎて血流が悪くなる心配はありません

 

ふくらはぎは「第二の心臓」とも言われ、足におりてきた血液を心臓まで押し上げるポンプの役割をしています。
人間は日中二足歩行をしているため、重力の影響で脚もとに血液やリンパ液が溜まりやすく、結果的に不純物が蓄積されてしまいます

 

 

寝るときに足を少し高くすることで、脚もとにたまった血液が戻りやすくなります
疲れた足が癒されますよ!

 

インテリアとしても生える

 

抱き枕は綺麗な色が揃っているので、お部屋のインテリアとして置いておいても生えます

 

 

勉強で疲れた時、ちょっと寝転んで休む際にもムニュふわ~の新感触は気持ち良いです

 

 

王様の夢枕や王様の抱き枕の購入は公式より

王様の夢枕や王様の抱き枕は市販されていないのですが

通販だと、王様の枕シリーズ公式サイトから直接購入するのが

最安値になり、特典もつくお得な購入方法です

 

テレビ・通販サイトで人気の「王様の夢枕・王様の抱き枕」公式通販サイト【キング枕.com】

 

※上記が王様の枕シリーズ公式サイト!ここから買うとさらにお得に!

公式サイトと偽った偽通販サイトとお間違えのないようにお願いします

 

 

 

また、王様の夢枕や王様の抱き枕を使うと期待できることについては

次のページでも詳しく解説されているのでおすすめです

 

 

また、王様の夢枕・王様の抱き枕のわかりやすい商品紹介と解説が見たい人は

下のリンク先ページを参考にすると良いでしょう

 

 

※上は、王の寝具でぐっすり眠る!王様の夢枕・王様の抱き枕というページです

 

 

もちろん、子供には勉強の方にも励んで頂きたいです

 

 

当サイトのおすすめはZ会です

 

 

Z会は数ある学習教材の中でも、長い歴史(1931(昭和6)年)があります
長い経験で学習のノウハウを知っているので他社と比べても内容が良いと感じる教材です

Z会はどんな内容?

年長さん

 

 

Z会は、「効果がある・教材が良い」イード・アワードの調査で評価されています
<http://www.iid.co.jp/news/press/2019/111901.html>

 

その理由は主に4つあります

 

理由1・丁寧な添削指導(通信教育であっても担任制を取り入れているので一人ひとりに合わせた指導が可能)

理由2・「考える力」をはぐくむ(基礎の把握から発展的な内容まで段階的に学習出来る)

理由3・自宅にいながら、Z会講師の質の高い授業を受講出来る(高校受験コース、中高一貫コースなど)

理由4・サポートサービスが充実している

 

Z会は教材だけを送ってほったらかしではなく、添削、サポートサービスで指導してくれます
そんな丁寧なサポート体制が成績アップにつながっています

 

 

しかし本人のやる気があってこそ生きるサポートです
意欲を持って取り組む「非認知能力」を幼児期や小学生低学年からZ会で付けておけると良いです

 

本人の意欲の土台は小さい頃からの積み重ねです
親は小さい子に学習を押しつけではなく、楽しいと本人が感じるようにしておくと良いでしょう

 

 

うちは幼児のZ会を継続中です

夏の工作

(上はZ会の夏の工作ブック)

 

うちは年少さんからZ会をやっています
大きくなってから自分から進んでやってくれるように、小さい時に土台を作っておこうと考えてZ会を選びました

 

大きくなった子供に勉強せぇ~と言うのは骨が折れるのでイヤです
幼児ならまだ、可愛いので、楽しみながら遊びながら一緒に出来ます

大きくなってしまっては、親が一緒にできないので「勉強せぇ~」と口ばっかり動かすハメになります

 

Z会はあと伸び力を掲げています
幼児期に体験したことが大きくなって生きるなあと思うような内容だと感じています

 

また小学生の間は熟に行かず、Z会で学習してもらおうと考えています
塾は高額ですのでその分、教育費を積み立てておこうと思っています

 

※ちなみに以前はこどもチャレンジ(しまじろうの通信教材)をやっていました、詳しくは下記ページをご覧下さい

 

 

 

 

Z会はどんな方に適している?

閃いた

Z会はこんな希望をお持ちの方におすすめです↓

幼児⇒小学校へ入学する前の入学準備(基礎的な力を無理なくつけておきたい)

 

幼児⇒将来に通用する「見えない力」「非認知能力」を幼児期につけておきたい(幼児期にこそ付けておくべきです)

 

小学生⇒成績は基礎、応用ともに良くしたい(Z会は復習型のポピーとは違い応用問題もあります)

 

小学生⇒中学受験を考えているけれど、習い事を続けながら志望校合格したい(中学受験コースがあります)

 

中学高校生⇒部活と勉強を両立したい(部活が忙しく塾に行く時間が無い)

 

全般⇒志望校合格まで、今やるべきことが何かわからないので道しるべが欲しい

全般⇒先の受験を見据えて、自宅で力をつけたい

 

 

 

Z会の口コミ

 

Z会の口コミを年齢別に調べました

 

幼児の部
 

自分のペースで学習に取り組めますし、価格はそんなに高いとは思わないです

 

 

保育園児にもわかるような、丁寧な説明がされているので子どもも学習を続けられています

 

 

月に一度、係の先生に添削をしてもらえる機会があり、シールがもらえることもあって頑張っています

 

担任の先生が一名ついており、添削をしてくれるなど、マンツーマン指導をしてくれていたので安心でした

 

 

親も一緒に楽しみながら勉強を見てあげられることが良かったです

 

子どもがよく理解できる内容で、身近なものを使用する実体験もあり、その時期の教育に合っていたと思います

 

 

効果があったか、今はわかりませんが、子供は楽しんでいました。理解もできていたと思います

小学生の部
 

自分の空いた時間にできるところが良かったです。また繰り返しできることも良かった。
塾に通うよりはずっと料金が安いですが、学年ごとに料金はあがっていきます。
教材は学校の内容とあっていましたが、学校で習うよりも難しい問題にも取り組むことができた。
添削問題も詳しく添削されており、どこがどうまちがっていたのかわかりやすかったです
サポート体制もありホームページ上で自分のページがあるので、それで問題の問い合わせをするができました

 

 

自宅でうける模試で志望校の判断も可能です。外部で受験しなくてもすみます。
自分で予定を考えて取り組めるので、勉強への意識が高くなります。
やらされてるのではなく、自分ですすんでやるという姿勢が自然と身に付きます。

 

 

料金は学習塾に通うよりはリーズナブルだと思う。ただし、郵送費用は掛かります
講師の解説は丁寧です、子供でもわかりやすく添削内容も良かったです
自分で机に向かい、学習するクセも付いたし、学校の予習にもなっています

中学生の部
 

添削の内容だけでは無く、解説や解き方の説明が丁寧で、良いです
中学生の講座は、パソコンの添削だけになるので、少し人間味が無い感じもします。

 

 

通信教育なので塾よりは安いです。初期投資としてipadが必要です。
他のタブレットでは出来ないのでipadを持っていない場合には購入します。
紙受講の場合はいりませんがipadは便利です。

 

 

教材はIpadで、紙に解答したテストを写して通信し、数日で添削されて送られてきます。
添削はわかりやすいです。
普段はipadに送られてくる授業を受講します。
何回でも繰り返して見ることができるので、わからない時は何度も確認できる点が良いです

 

 

全て本人のやる気次第です。うちの子供はやる気にムラがあるので、毎日「授業ヒトコマでいいからやりなさい!」と私が言っています。
やる気がある時はサクサク進みます。
やり方によってはすごく成果はあがると思います。
ipadにメールが週に何度か送られてきます。電話などは全くありません。
解答はipadで写メして送ります。撮影と通信はとても簡単で速いです。

 

 

うちの子供は野球部で遅くまで練習が毎日あり、塾に通いにくいので、通信教育の方が時間の融通がつくので良いです。

 

口コミを見て小学生高学年や中学生になるとまず本人のやる気がものを言うと感じました
やる気さえあれば、中学生にもなると自分から計画をたてて勉強をしていきます

 

やる気にムラがある子供さんでも軽い声掛けで、前へ進めるんですね

 

 

 

幼児や小学生低学年のうちはやる気を育てる様に心がけたいです

自ら学習する子供さんなら、塾より価格がリーズナブルなZ会で頑張っていければベストだと思います

また自ら学習するような子供になるよう、幼児期からZ会で土台を作っておいて欲しいです

 

Z会の資料請求だけならタダ!教材の見本も送られてくる

Z会は資料請求するだけなら無料ですし

学年ごとに教材の見本も送られくるので、どのような教材か事前にチェックできます

 

また、Z会の場合は資料請求しても

しつこい電話勧誘や迷惑なメール、勧誘チラシ(DM)がありません

 

評判が良い通信教育ですので

お子さんがいる家庭は、入会する予定がなくてもも

資料請求だけでもしておいて損はないと思いますよ

 

Z会の資料請求はこちら

 

 

Z会のことを詳しく知りたい人へ

なお、当サイトのトップページ(下のリンク先)では

通信教材「Z会」の詳しい紹介を行っております

Z会に興味がある方もない方も、ぜひ一度

下のリンク先ページをご覧になってください

 

 

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
人気の記事
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー

ページの先頭へ